東京オリンピック2021|海外のイケメン選手まとめ!インスタについても

東京オリンピック2021|海外のイケメン選手まとめ!インスタについても

こんばんは!ひつじです。
オリンピックが始まりましたね〜!

応援するのはもちろん日本!ですが、海外にも格好いい選手はたくさん!

ということで今日は海外の格好いい選手をまとめてみました^^

スポンサードリンク

東京オリンピック2021 外国の格好いい選手

トーマス・デーリー(トム・デイリー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Daley(@tomdaley)がシェアした投稿

イギリス
種目 水泳
生年月日 1994年5月21日
Instagram https://www.instagram.com/tomdaley/
Twitter https://twitter.com/TomDaley1994

飛び込み男子で金メダルも獲得したトーマス・デーリー。
彼はゲイで2017年に同性パートナーと結婚し、彼らの間には男の子の子どもも居ます^^

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Daley(@tomdaley)がシェアした投稿

 

アルド・モンターノ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aldo Montano(@aldomontano)がシェアした投稿

イタリア
種目 フェンシング
生年月日 1978年11月18日
Instagram https://www.instagram.com/aldomontano/
Twitter https://twitter.com/aldomontano0586

 

アルド・モンターノは2004年アテネオリンピックで金メダルを獲得した選手です。
アルド・モンターノは祖父、父親もフェンシングの選手という三代目でもあります^^

スポンサードリンク

ライアン・ロクテ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryan Lochte(@ryanlochte)がシェアした投稿

アメリカ
種目 水泳
生年月日 1984年8月3日
Instagram https://www.instagram.com/ryanlochte/
Twitter https://twitter.com/RyanLochte

 

※ライアン・ロクテは東京オリンピックの出場権を懸けた
米国代表選考会 200メートル個人メドレーで7位に終わり、5回目となるオリンピック出場ができませんでした。

 

 

ノバク・ジョコビッチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Novak Djokovic(@djokernole)がシェアした投稿

セルビア
種目 テニス
生年月日 1987年5月22日
Instagram https://www.instagram.com/djokernole/
Twitter https://twitter.com/djokernole

 

ノバク・ジョコビッチ選手は旧ユーゴスラビアで、現在のセルビアの首都・ベオグラードで生まれました。
12歳の時にユーゴスラビア紛争が勃発し、空爆を経験したことも。

ノバク・ジョコビッチ選手の父・スルジャンさんは元プロスキー選手兼インストラクターで、
妻のディヤナさんと共に、セルビアの山間部でレストランを経営し、スポーツ用品のビジネスを行っています。

弟のマルコさん、ジョルジェさんももテニスを経験し、マルコさんも元プロテニス選手でした。

 

ケイレブ・ドレッセル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Caeleb Dressel(@caelebdressel)がシェアした投稿

アメリカ
種目 競泳 自由形
生年月日 1996年8月16日
Instagram https://www.instagram.com/caelebdressel/
Twitter

初めてのオリンピックは2016年リオデジャネイロオリンピック。
ケイレブ・ドレッセル選手は100m自由形で6位、400mリレーと400mメドレーリレーで二冠を達成した選手です^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本の選手はもちろん格好いい!
でも、外国の選手のことも知っているともっとオリンピックを楽しめますよね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA